ヘアブラシにも種類があります|MONNALI

NEWS / PRESS

ヘアブラシにも種類があります

やってはいけないこと 遠隔発毛ケア

シャンプー前にブラッシングをしてほこりや髪のからみをとることによって

シャンプーの効果は変わってきます

お料理と同じで下準備をいかにするかで同じケアーをしていても今後が大きく左右されます

同じことをするなら効果が良い方が良いですよね。

 

 

 

 

 

 

 

ブラッシングの際に使用するブラシにも種類があることはご存知でしょうか?

 

ブラシはどのようなものをお使いですか?

ブラシ一つでも髪質や頭皮に合ったものを使用しないと抜け毛やキューティクルの破壊・頭皮を傷つけたり

してしまいます。

 

 

豚毛

柔らかい毛の豚毛のブラシは、髪の毛が細く柔らかい人に向いています。

お子様や髪が猫毛の方にもおすすめです。
コシがあり強いのですが、猪毛より細く柔らかいので、髪の摩擦を軽減します。

 

 

軟豚毛

柔らかい白豚毛と黒豚毛が混合している軟豚毛は、豚毛よりさらに柔らかいので、

髪の毛の柔らかい人、少ない方でも頭皮を傷めることなく、安心して使えます。

切れ毛や抜け毛が気になる人は、ナイロン製のブラシではなく、動物毛のブラシがおすすめです。
柄の部分が木製の動物毛のブラシは、静電気がおきにくいので切れ毛や抜け毛を防ぎ、

ツヤのある髪を保つことができます。

 

 

 

猪毛

弾力性のある太い毛が特徴の猪毛のブラシは、髪の毛が多くても根元まで届くので、髪の毛が太い方、

毛量が多い方に向いています。

ブラシの毛に水分と油分を含んでいるので、静電気がおこりにくく、切れ毛を防ぐことができます。

 

 

 

またブラシの種類だけでなく扱い方も大切です。

頭皮には刺激が良いと聞いてブラシできつくこすったり、ブラシで叩き刺激を与える方もいらっしゃいますが

その方々の頭皮は真っ赤にうっ血していることが多いです。

ブラシを優しく当てるだけで適度な刺激になるので必要以上に力を加える必要はありません。

また、ブラシにほこりや抜け毛がついていると静電気がおこりやすくなりますので

普段お使いのブラシのメンテナンスもしましょう